家事代行と家事の両立

Posted on 2018-05-07

給料主婦が家事代行サービスのアルバイトを行うにあたって一番大きなメリットは「拘束時間が短いこと」「お給料が高いこと」になるでしょう。フルタイムで働く方もいらっしゃいますが、週1回、2時間から働くことが可能で、自宅から直接職場であるお客様の自宅に行くことが可能です。そして会社によっても異なりますが、2018年現在、東京都の最低賃金である958円以上となる1,300〜1,500円の時給が発生します。家事代行サービスのアルバイトが人気になる理由がおわかりいただけたでしょうか。

「もしサービス以上のものを求められた場合はどうするのか」「サービス中に誤ってお客様のものを破損した場合はどうするのか」という点が気になるところですが、「本来料理のみの契約なのに掃除を行うように言われた」というような、明らかに契約外のサービスを求められた時にはむしろ断ることが正しい対応になりますし、そのことが原因でお客様側からクレームが入ったとしても、後は会社側の対応となります。また、家事代行サービスはアルバイトの主婦の方とお客様との契約ではなく、お客様と家事代行サービス会社の契約となるため、故意ではない状態でお客様のご自宅を破損した場合でも働いている方ではなく、会社が責任を持つことになります。

何か一つ腕に自信のある家事が出来るのなら、それが仕事に変わるのが家事代行サービスです。「働きたいが短時間のみになる」と考えている方なら、検討の余地は大きいと思います。


参考・・・家事代行サービスのアルバイト【ミニメイド・サービス】

不得意は仕事になるのか

Posted on 2018-05-02

家事代行サービスは、ドラマのテーマにも取り上げられることもあり、なじみが出てきたという方も多いのではないでしょうか。家事代行サービスでは会社と契約したご家庭を直接訪問し、家事を行うサービスです。ユーザー層は多々ありますが、主に忙しい独身男性や共働きかつお子さんのいらっしゃるご家族、意外なところでは介護サービスを頼むほどではないが家事が難しい高齢者の方、ご事情でご家族を残して家を離れる主婦の方がご自分のいない間に短期間で契約を希望する場合が多いです。

掃除家事代行サービスのアルバイトを希望されている方の中には「自分は家事全般が得意なわけではないから無理」とお考えの方もいらっしゃいますが、仕事では必ずしも家事全てを行う必要はなく、「料理は出来るから掃除だけをお願いしたい」「掃除はいいから料理を作って欲しい」という風に必要なものだけ家事代行サービスを希望するユーザーも多数いらっしゃいます。

「料理のみ」や「掃除・洗濯のみ」、「買い出し」のような、ご自身の得意分野のみをサービスとして提供する働き方でも歓迎されますし、需要があります。アルバイトの契約時には面接がありますが、その際に提供できるサービス・苦手な家事のヒアリングがありますので、その際に面接官に伝えることになります。

時間が取れない主婦のアルバイト

Posted on 2018-05-01

待機児童の話題が出て来る昨今でも、「働きたいけれど小さい子どものために、なるべくお子さんがいる時間帯は家にいたい」というお母さんは多いです。結婚・出産で仕事にブランクがあるので働きたくても元の仕事への復帰に自信がないと仰る方もいると思います。

お母さん「将来のためにお金をなるべく用意しておきたい」という気持ちに応えてくれるものだけでなく、ともすると家庭に籠もってしまいがちな主婦の方にとってはお仕事をすることは社会との繋がりを感じる大切な機会でもあります。しかし、特にお子さんが小さい主婦の場合、時間的な問題でフルタイムでのお仕事は難しく、パートタイムでのお仕事を選択する場合や、家から離れること自体が難しく、お仕事をするとしても内職的なものを選択せざるを得ない場合もあります。才能がある方の場合、家での内職といってもPCとネット回線を駆使して家でクリエイティブなお仕事をされる方や、ハンドメイド作品を作り、それを販売することでお金を稼ぐ方、マメな方だとポイントサイトやアンケートでコツコツ稼ぐ方もいらっしゃいますが、そのような方面に興味の無い方には苦痛でしょうし、敷居が高い話になってしまいます。

そんな中で、主婦の本業ともいえる家事代行サービスの需要が増加し、アルバイトとして選択される主婦の方が増えています。主婦がお仕事でも家事をするアルバイトとはどのようなものか、メリットやデメリットをこのサイトで詳しく解説します。